物件詳細情報
 
内容の濃い間取でありながら外観もきれいです。二つの妻屋根が印象的。
玄関上部のステンドグラス。美しい薔薇が描かれています。
2階洋室。
2階和室も明るくて落ち着く空間です。
2階洋室。
ホールです。エレベーターの動作は要メンテナンス。
風格と絢爛さ。
玄関の吹抜け。天井の設えとステンドグラスが豪華。
1階の和室。南側の庭と道路のおかげで明るいです。
駐車場から建物。
2階の和室はまるで旅館の様。
階段室のステンドグラス。北側のやさしいあかり取り。
LDもパリッとする空間です。
クローゼットも造り付け。
カーポートは電動シャッター付きです。高さは2メートルほどですので、車種のご確認を!
1階の玄関ホール。腰壁が格を上げています。
キッチンは複数人で作業しても楽しそうです。
玄関まわりも手が込んでいます。
水まわりは刷新するか、そのまま使うか悩みどころ。
sale     住宅
もてなしの二子屋根
 
価格:
6,980万円
面積:
231.9㎡(建物)
329.66㎡(敷地)
  
所在地: 大磯町東小磯
交通: JR東海道本線「大磯」駅 徒歩15分
管理費: なし
修繕積立金: なし

ここは大磯の中でも住民協定がしっかりと存在し、景観を守ろうとしている地域のひとつ。敷地に対して大きく建物を作らず、窮屈さを感じにくい密度や色彩や敷地を細切れにさせないことなどルールを設けています。


それぞれが全く違う外観の建物同士にもかかわらず、どことなく町としての統一感を感じます。そのヒントはインターロッキングブロック舗装の道路と街路樹にありそうです。このあたりは周辺を散歩して見ていただければと思います。


物件は平成6年(1994年)なので築28年ほどなのですが、周辺の建物もどことなく同じくらいの年齢の様です。それでも周辺の家々を見まわしていると、建替えられていく姿を多く目にすることができ、それらは建築家に依頼したであろうものや、随所にこだわりが見て取れるものばかりです。


この物件もその当時のこだわりを十二分に感じることができます。シンメトリーな外観でエンジ色の屋根、建物中央にステンドグラス、観音開きの玄関戸。桜や落葉樹に囲まれ、春から初夏あたりが楽しみな木々に覆われています。


大きい玄関を入るとそのまま上が吹き抜けていて、外観の中心に位置していたステンドグラスがありました。ステンドグラスからは、美しい光が透過していました。天井を見上げると格子天井となっていて、洋風建築でも和風建築の様に天井の作られ方で格調を図るような建築文化があるのでしょうか。もしくはあえて大正や明治初期に見られるような擬洋風建築を目指して作られたのかなと、玄関だけですでに妄想が止まりません。


ここには基本的におひとりでお住まいだったそうです。それにしては個室は多いし、キッチンももてなしができるほど広い。住んでいる人数と建物がどうしてもミスマッチの様に感じました。


聞けばその方は議員秘書をされていた方で、良く来客があったそう。それで合点がいきました。お迎えする玄関、広いキッチン、個室の多さすべては自分の為でなく来客の為。さらには女中部屋として使っていた部分もあったそうです。


毎日家主は忙しく過ごし、人を迎える家もようやく一つの区切りを迎え、新たに引き継がれようとしています。築30年弱が経過しこちらの物件を修繕や改装しながら使用してくださる方を募集します。


建物にはホームエレベーターがありましたが、電気はつくものの安全性を考え点検、メンテナンスは必須だと思います。そのほか、水まわりは人によっては更新したくなるかもしれません。クロスなどの内装をやり替えるだけでもかなり雰囲気が変わりそうです。


大磯は目立つことなく、ひっそりとおいしいお店が多くありますので、まちを味わいにいらしてください。




  
  
  
  
   
>>大きな地図で見る 

価格 6,980万円 建物面積 231.9㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 大磯町東小磯
交通 JR東海道本線「大磯」駅 徒歩15分
建物構造 木造2階建 所在階
築年 1994年 土地権利 所有権
敷地面積 329.66㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用地域 建蔽率/容積率 50%/100%
その他費用 取引態様 媒介
設備 公営水道/浄化槽/都市ガス
備考 地目:宅地/現況:空室/引渡時期:相談/法22条区域/建物の最高高さ10m/建築協定あり(大磯松濤台)/景観法:一般地区(緑陰地区)/ペット可
情報修正日時 2022年12月30日 情報更新予定日 2023年4月11日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。